いもくりのジャム

いもくりのジャム
秋の味覚、栗やさつまいもを使ったジャムをご紹介します。

秋の味覚といえば、真っ先に思い浮かぶのが「栗」や「さつまいも」。
今年もこっくりとした味わいの栗やホクホクのさつまいもを使ったジャムが登場しました。
「いもくり」のジャムはペースト状なのでパンに塗りやすく、ちょっと小腹が空いたときにさっとトーストに塗るだけでおやつのように楽しめるのもいいところ。いつものトーストがちょっとしたデザートに変身します!

熊本県産の香り豊かな栗を使った「Marron(マロン)」

Marron(マロン)

熊本県産の香り豊かな栗を選んでジャムにしました。
ほどよくなめらかに仕上げたマロンペーストに、渋皮煮をゴロゴロと加えて作ったジャム。 濃厚な味わいなので、シンプルにトーストやバゲットにのせるだけで豪華な味わいに。
香りのよい発酵バターやマスカルポーネと合わせて、生食パンにのせる食べ方もおすすめです。

マロンクリームとカシスを2層にした「L'éclat(レクラ)」

L'eclat(レクラ)

こっくりとしたコクのマロンクリームと酸味のあるカシスを2層にしたジャム。
オープン当初から作られているジャムですが、ここ数年は出番がなく今回久しぶりにメニューに加わりました。マロンクリームとカシス、ふたつが合わさるとフランス菓子的な濃厚なおいしさが生まれます。どちらかが主張することもなく、2つの味を感じることのできる楽しいジャムに仕上がっています。 パンやクラッカーに合わせてもよし、まったりとマスカルポーネと合わせるのもおいしい組み合わせです。

スイートポテトの味わい「Patate(パタット)」

Patate(パタット)

さつまいもに甘い香りのバニラを加えたジャム。バニラを加えることで、お菓子のテイストに華麗に変身しました。さつまいものクリーミーな質感も魅力のひとつ。小さなお子様から大人まで楽しんでいただけるジャムです。塩のきいたバターと一緒にトーストにのせると、まるでスイートポテトパイのような味わい。スコーンやパンケーキにたっぷり添えてお召し上がりいただくのもおすすめです。

10月中旬には小布施産の栗で作る「Panier Châtaigne(パニエ・シャテーニュ)」も登場する予定です。栗の実をひとつひとつ丁寧に取り出して作る、シンプルだからこそ栗の味を存分に楽しめるジャムです。こちらも楽しみにお待ち下さい!

いもくりジャム