Tasting Table(teteria編)

少しずつ秋らしくなってきた11月14日、
鎌倉Romi-Unie Confiture で「Tasting Table」を開催しました。

今回のテイスティングテーブルは“ジャムと紅茶を楽しむプチレッスン。
ろみさんとteteria大西さんのクラスの二本立てです。

ろみさんのレッスンは約15分とコンパクトなので、当日空きがあればお買い物の合間にご参加いただける気軽さもいいところ。秋はりんごが旬のりんごを使ったジャムを3種とさつまいもにアールグレイティーを使ったジャムの計5種類のおすすめの食べ方をご紹介しました。

 

朝食向けのトーストやヨーグルトに合うものからチーズやジャムティーにおすすめのものまで、ちょっと目線を変えるだけでジャムの楽しみ方が変わるようなお話も。

 

ろみさんお手製のジャムとおすすめの食べ方が描かれたランチョンマットに試食用のプレートをのせて。みなさんメモを取りながら5種類の組み合わせを試食しながら、ジャムについての質問もあったりと、15分があっという間に過ぎていきました。

 

teteria大西さんのレッスンは「紅茶で過ごす秋のひと時」と題して、romi-unieのクリスマス用に作っていただいたノエルティーバッグの楽しみ方と今回のレッスンのために用意してくださったスペシャルティーを紹介してくださいました。

 

紅茶に合わせてromi-unieの焼菓子も。試飲用の小さなカップもかわいい。

 

今回の焼菓子は「クリスマスリースケーキ」とRomi-Unie Confiture定番サブレ「プチブール」を。そして秋冬限定オープンのチョコレート菓子のお店Chocolate romi-unie限定の「ブラウニー」をご用意しました。

 

最初に今年のノエルティーのお話から。
昨年は茶葉にスパイスを合わせたティーバッグを作ってくださったのですが、
今年のノエルティーはスリランカ産のシンプルな茶葉で。
クリスマス時期はスパイスのきいたお菓子が多いので、茶葉はシンプルにしてくださったそうです。

 

ティーバッグのタグもかわいいので、大西さんのポットにのせても素敵。
パッケージごとツリーに飾ったり、紅茶をいれたあとに茶葉を外してオーナメントにしたりしてもいいですねといった乙女なお話も聞けました。

 

砂時計の砂が落ちたらいい頃合い。
「お菓子も食べながら飲んでくださいね」とお話しながらどんどん進んでいきます。

 

この回は、みなさんと一緒に席についてお話をされているのがとても自然な感じで素敵な光景でした。大西さんに講師をしていただいているromi-unieのお菓子教室では生徒さんの人数が倍以上なので、テイスティングテーブルはちょっと贅沢な時間かもしれません。大西さんもみなさんとゆっくりお話もできて楽しかったとおっしゃっていました。

 

お茶をいれる道具や茶葉、スパイスなども紹介しながらお話が進んでいきます。
これはミントミルクティー用の茶葉。今回は豆乳でミルクティーをいれてくださいました。

 

仕上げにお塩をひとつまみ入れてちょっぴりソルティーなミルクティーに。
ほんのちょっとなんですが、アクセントになってみなさんびっくりなおいしさでした。

 

最後はこの日のために用意してくださったルージュローズティーをいれてくださいました。さっぱりといただけるハーブティーで締めくくって終了となりました。

30分のレッスンはあっという間。
店内のオープンスペースでのレッスンということを忘れるくらい
大西さんの楽しいお話とおいしいお茶で優しい空気感に包まれていた気がします。
何よりご参加いただいたみなさんの笑顔が印象的でした。
ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。

テイスティングテーブルはこんなふうにRomi-Unie Confitureで開催しています。
季節のジャムにジャムに合うおすすめの食べ方をろみさんが。romi-unieゆかりの方をお招きしてのプチレッスンも行っています。回を重ねるにつれて、2クラス続けて受ける方も多くなってきました。どちらも所要時間が短いので気軽にご参加いただけるのもいいところ。日々の暮らしがちょっぴり楽しくなるようなきっかけになればと思っています。

そして、年内最後のテイスティングテーブル開催も決まりました。
12月5日(水)に鎌倉Romi-Unie Confiture店内スペースで行います。
次回は、ろみさんの冬のジャムの楽しみ方とフラワーアーティストCHAJINさんによるクリスマスアレンジのレッスンです。ただいま、ご予約受付中です。
レッスンの詳細・ご予約方法をRomi-Unie Confiture EVENTページでご案内しています。
ご参加お待ちしています!

 

スタッフP